中島・宮本・溝口法律事務所
お問合せプライバシーポリシー
NAKASHIMA MIYAMOTO ATOORNEYS AT LAW
CONTENTS
エッセイ
一覧 最新 バックナンバー
to be a Rock and not to Roll 宮本 督
ワールドカップ観戦記
 この原稿がUPされる頃には、サッカーのワールドカップも終わっちゃって、にわかサッカーファンの皆々様方も、あの日の喧騒を忘れているんだろうね。
 列島各地で、えれー盛り上がりを見せた1次リーグ第2戦でのワールドカップ初勝利の日、ワシは、横浜国際総合競技場で観戦していたんだ。最初から最後まで、特に、後半、日本代表が、再三、ピンチを迎えるたびに大騒ぎだったね。あー、ワシも日本人なんだなと思ったね。つくづく。言っとくけど、これは自慢話だよ。これから、ワールドカップの度に、自国代表初勝利のその日、それを現場で目撃していたことは、ずっと思い出すんだろうね。
 それはともかく、ワシは、小学生の時は野球少年で、中学校ではサッカーをしていたんでね、いや、ホントだって、当時は痩せていたんだから。それで、ぶくぶく太った今でも、野球やサッカーはよく観戦に出かけるんだけど、いつも感じるのは、スポーツって、われわれ素人が遊び半分でやるのと、基本的には同じものなんだよね。ただ、フィールドにいるのがメチャクチャ上手な人達だというだけで、連中は、ワシらと同じことをやっているだけと思うんだ。
 これが、音楽や演劇となると違うんだな。ワシは、今でも、ときどきロックコンサートに行くし、一昨年だったけな、ミュージカルにはまっていたのは。まあ、それはいいとして、ギター少年だったワシが、田舎のライブハウスでやっていた演奏と、エアロスミスのコンサートは、まったく別もののような気がするんだわさ。同じことを、すんげー上手い人がやっているわけではなく、全然別のことをやっているような気がしちゃったりするんだ。やっぱ、機材とか、照明とか、いろいろあって、まあ、ショービジネスって、すごいんだろうね。でも、それだけなのかな?
 うむ。なかなか、示唆に富んだ語りだね。我ながら。
だけどね、人間の肉体が生み出す感動って、機械で増幅されたショーの感動よりさ、何というか、快いよね。中田英寿は本当に上手だったし、この日、ディフェンダーの宮本はサイコーだったしね。こっちも、いろいろ細かいことは考えないでさ、星空の下で、まったく知らない隣の席のアンチャンとかと大騒ぎして。
 でも、あれかな。そんな風に思うのって、ただ、あの日、天気が良くて、風がさわやかで、ビールがおいしかっただけかも知れないけどね。
(2002.6.17 誕生日に)
最新 バックナンバー
ページの先頭へ
事務所案内
取扱分野
法律相談・報酬
弁護士紹介
著作のご案内
エッセイ
採用情報
企業と法律〜論文〜新世代のリーガルマネジメント
知的財産権
eビジネスの法律問題
企業倒産
ゴルフ場の法律問題
労働
HOME
このページに関するすべての権利は中島・宮本・溝口法律事務所が有します