中島・宮本・溝口法律事務所
お問合せプライバシーポリシー
NAKASHIMA MIYAMOTO ATOORNEYS AT LAW
CONTENTS
エッセイ
一覧 最新 バックナンバー
to be a Rock and not to Roll 宮本 督
仕事と休暇と
 弁護士って、いつが忙しいのか、暇な時期はあるのかって、ときどき聞かれるんですが、別に、毎年決まって忙しい時期とか、暇な時期とかありません。瞬間最大風速的に、とてつもなく忙しくなることがあって、それ以外の時期は、いつもダラダラとなんとなく忙しいという感じです。一応、自営業なわけですから、自分の都合で繁閑とか調整できるという建前なのかも知れませんが、そんな自由気ままなことができるはずもなく、この仕事を選んだ以上、事件に振り回されて生きていくしかありません。
 実は、先日、4日間だけ、お休みを頂戴していました。これは昨年中に決めたことです。それで、ちょこっと骨休めに旅行してきたわけですが、でも、この期間中に、しっかりとイレギュラーな事件は発生してくれました。今回は、私のお客様の会社に対して、「仮処分」という手続の申立がされて、これって文藝春秋誌の発行差止とか、ニッポン放送の新株予約権発行差止とかで有名になった、あの手続のことで、しかも、申し立てがされるなんてまったく想定していなかったもので、とてつもなく電光石火な対応を求められました。それなのに、私、この間、事務所にいなかったわけです。今回は、まあ、相手方がした申立自体が本当にメチャクチャで、お陰様で大事には至らなかったのですが、それでも、休暇中のホテルで、Eメールとファクシミリと携帯電話で、いろいろと対応です。もちろん、事務所の他の弁護士やスタッフがいてくれるからこそできる芸当なわけですが。
 せっかくの休みなのに仕事なんて、と思われる方もいるかと存じます。でも、それは、もう仕方ないので、逆に、休暇中でも旅行先でも仕事をするという前提で休みをとっていますし、旅行にも出かけています。多くの弁護士さんがそうしているのではないかと思いますが、そうしないと、何か安心して休みもとれなくって、私を含め、弁護士さんって、実際、しっかりと仕事人間なわけです。
(2005.3.31)
最新 バックナンバー
ページの先頭へ
事務所案内
取扱分野
法律相談・報酬
弁護士紹介
著作のご案内
エッセイ
採用情報
企業と法律〜論文〜新世代のリーガルマネジメント
知的財産権
eビジネスの法律問題
企業倒産
ゴルフ場の法律問題
労働
HOME
このページに関するすべての権利は中島・宮本・溝口法律事務所が有します