中島・宮本・溝口法律事務所
お問合せプライバシーポリシー
NAKASHIMA MIYAMOTO ATOORNEYS AT LAW
CONTENTS
エッセイ
一覧最新バックナンバー
diatribe 竹下博將 バックナンバー
793
 ビリーズブートキャンプと迷ったが、結局、ターボジャムを始めた。
 「忙しいから」と自分に言い訳して運動せず、食事量を減らさなかった結果だ。自覚はあった。
 metabolic syndrome
 しかし、食事制限はとても耐えられそうにない。
 できれば、運動して、体力もつけたい。かといって、ジムに通う気力はない。
 とくれば、ビリーズブートキャンプ。
 テレビショッピングにかぶりつき。
 それでもなかなか購入には踏み切れない。なんだかすこし恥ずかしかったし、何より、エクササイズが大変そうで継続できる自信がなかった。
 ところが、あるとき、テレビショッピングでターボジャムに出会った。
 鍛えるというよりは、楽しくエクササイズして体を引き締めようというコンセプトに安心し、ビリーと比較して、ついに購入を決意した。
 ビリーは、トレーニング期間こそ短いものの、1回のトレーニング時間は長いし、筋肉痛も大変らしいので、やはり、継続は無理っぽかったのだ。
 そういうわけで、毎晩ターボジャムで汗をかくようになって、1週間。昨夜の体重が793。
 減っていない。増えてはいないが、減っていない。
 確かに、エクササイズで汗をかいてはいるが、ターボジャムを始めてから、食欲が増して、よく食べるようになったためだ。
 しかし、このままエクササイズを継続すれば、筋肉がつき、カロリー消費量が増え、いつの日か脱メタボ。そう信じている。
 だから、とにかく1ヶ月間は続けよう。
 7426100027は、Slipknotの1stアルバムの1曲目。インダストリアルもグラインドコアも取り込んで、9人編成で暴れ回る、ミクスチャー系ラウドミュージックでは最高のバンド。これを聴かなきゃ始まらない。
(2007.6.28)
最新バックナンバー
ページの先頭へ
事務所案内
取扱分野
法律相談・報酬
弁護士紹介
著作のご案内
エッセイ
採用情報
企業と法律〜論文〜新世代のリーガルマネジメント
知的財産権
eビジネスの法律問題
企業倒産
ゴルフ場の法律問題
労働
HOME
このページに関するすべての権利は中島・宮本・溝口法律事務所が有します