中島・宮本・溝口法律事務所
お問合せプライバシーポリシー
NAKASHIMA MIYAMOTO ATOORNEYS AT LAW
CONTENTS
エッセイ
一覧最新バックナンバー
diatribe 竹下博將 バックナンバー
Black Sabbath
 携帯電話を変更したい。
 僕はau歴(Tu-Kaを含む。)が10年以上なのだが、「誰でも割」までが登場した今、長期契約によってしか受けられなかった経済的利益などないに等しく、auに固執する理由がなくなった。
 MNPを使えば、電話番号は変わらないので(メールアドレスが変わるのは大いに不満だが。)、DoCoMoやSoftBankの機種も積極的に検討してみた。そういえば、PHSについても、MNPの対象になるという話があったはずだが、どうなっているんだろう。
 予測変換によって使い勝手が向上してきたとはいえ、僕は、携帯電話による文字入力には常に不満を感じてきたので(単に若くないということか。)、今買い換えるなら、SmartPhone以外には考えられない。
 SoftBankから発売されているSmartPhoneにも心動かされたが、DoCoMoからも来年には発売されるようなので(ビジネス用には既に発売されているが。)、その発売を待って、妻と同じキャリアにしようかな、と考えていた。
 ところが、調べてみて驚いたことに、DoCoMoにもSoftBankにもメールの転送機能がないらしい。
 auにもWILLCOMにもメールの転送機能はあったので、当然、DoCoMoやSoftBankにもあると思っていたのに。
 僕は、携帯電話に来たメールを全て転送していて、多くの場合、PCでチェックする。
 携帯電話では、画面が小さくて一覧性が低い上、メール本文からwebサイトにアクセスするのが面倒かつ料金が高いからだ。
 また、過去のメールを検索する場合も、PCで行う方が便利だ。
 携帯電話をPCに接続して、メールデータを取り込む方法もありうるが、面倒すぎる。
 そういうわけで、DoCoMo、SoftBankに乗り換えるというプランは消えた。
 auがSmartPhoneを発売するとの噂はあるが、まだその姿は見えない。
 そういうわけで、僕は、携帯電話の変更を諦めた。虚しい。
 こんなときは、陰鬱な“Black Sabbath” by Black Sabbathを。
(2007.10.30)
最新バックナンバー
ページの先頭へ
事務所案内
取扱分野
法律相談・報酬
弁護士紹介
著作のご案内
エッセイ
採用情報
企業と法律〜論文〜新世代のリーガルマネジメント
知的財産権
eビジネスの法律問題
企業倒産
ゴルフ場の法律問題
労働
HOME
このページに関するすべての権利は中島・宮本・溝口法律事務所が有します