中島・宮本・溝口法律事務所
お問合せプライバシーポリシー
NAKASHIMA MIYAMOTO ATOORNEYS AT LAW
CONTENTS
エッセイ
一覧最新バックナンバー
diatribe 竹下博將 バックナンバー
Slaughter
 朝起きれません。
  目覚ましが鳴っていたことは覚えてます。無視できないときに消したことも覚えてます。スヌーズ機能がついてるので、何度も消したり、スヌーズ機能を解除したことも覚えてます。それでも睡眠の誘いには勝てません。
 心配性なので、夜は、起きるべき時間よりも早く目覚ましをセットし、朝は、眠いので早く鳴るアラームは無視します。
  いつもより早く起きる必要があるときは、朝起きれるか心配で浅い浅い眠りとなり、なんとか起きるものの、あくびの止まらない一日を過ごします。
  起きたい時間で眠りの浅い時間を狙って起こしてくれる腕時計型目覚ましの存在を知り、去年、母に贈りましたが、全く使っていないようで感想が得られず、自分への購入は見送りました。買いたいときに機会を失したら、もう買いません。
  政治も眠たい話題に事欠きません。
  選挙から早2ヶ月。
  期待を込められたわけではなく、変化を求められただけなので、少々のことじゃ皆それほど愛想を尽かさないでしょうが、議論の運び方や運営が恥ずかしく、先生の顔をうかがうあたり、なんだか懐かしい学級会が思い出されます。
  実質的に二者択一だっただけで、マニフェストの各内容についてそれぞれ是非を投じたわけがないのに、これを金科玉条とするあたり、正気の沙汰とは思えません。
  でも、悪夢でしか見れない夢もあるわけで、その点は否定しませんが。
  カナダ出身のSlaughter。1987年、thrash metalの興隆期にさしかかって発表されたStrappadoは、ハードコアテイストをまぶしたオールドスタイル猪突猛進タイプで、眠い朝にも爽快。こんな名盤が埋もれていたなんてもったいない。
(2009.10.30)
最新バックナンバー
ページの先頭へ
事務所案内
取扱分野
法律相談・報酬
弁護士紹介
著作のご案内
エッセイ
採用情報
企業と法律〜論文〜新世代のリーガルマネジメント
知的財産権
eビジネスの法律問題
企業倒産
ゴルフ場の法律問題
労働
HOME
このページに関するすべての権利は中島・宮本・溝口法律事務所が有します