中島・宮本・溝口法律事務所
お問合せプライバシーポリシー
NAKASHIMA MIYAMOTO ATOORNEYS AT LAW
CONTENTS
エッセイ
一覧最新バックナンバー
diatribe 竹下博將 バックナンバー
Sunn O)))

 解散前からの政党の離合集散とトンデモ政策の嵐はまだまだ続くのかもしれないけど、それは冷たい目で見るとして、ふと目にとまったのは。
「最高裁判所判例でも永住外国人に対して地方選挙の選挙権を付与する法案は憲法違反であるとされています」(自民党「J-ファイル2012総合政策集」)
 え?
 永住外国人の地方参政権(選挙権)の最高裁判例といえば、これ。
 最高裁判所第3小法廷平成7年2月28日判決
「憲法…93条2項において、地方公共団体の長…は、…住民が直接…選挙するものと規定している…が、…『住民』とは、…住所を有する日本国民を意味する」「外国人に対して、…選挙の権利を保障したものということはできない。」
 要するに、憲法は、外国人の地方参政権(選挙権)を保障してはいませんよ、と。
 でも、「保障していない」≠「禁止している」
 この最高裁判例には続きがある。
「外国人のうちでも永住者等で…居住する区域…と特段に緊密な関係を持つに至った…ものについて、…法律をもって、地方公共団体の長…に対する選挙権を付与する措置を講ずることは、憲法上禁止されているものではない」
 要するに、憲法は、ある種の外国人について地方参政権(選挙権)を認める法律を禁止することまではしませんよ、と。
 もちろん、「禁止していない」≠「保障している」
 知識が足りないのか、理解が足りないのか、調査が足りないのか、人材が足りないのか、白を黒と言い続けると黒だと思い込むのか、赤信号みんなで渡れば怖くないのか、なんなのか。
 思わずちょっと調べちゃったじゃないか。

 SUNN O)))は、ヘヴィ・ドローン。ひたすら重い単音が続くジャンル。ノーメロディ、ノーテンポ、ノーリズム。ただただ重いギターとベースが轟音で鳴り響く1時間超のライブ。帰らなかった自分を褒めたい。
(2012.11.30)
最新バックナンバー
ページの先頭へ
事務所案内
取扱分野
法律相談・報酬
弁護士紹介
著作のご案内
エッセイ
採用情報
企業と法律〜論文〜新世代のリーガルマネジメント
知的財産権
eビジネスの法律問題
企業倒産
ゴルフ場の法律問題
労働
HOME
このページに関するすべての権利は中島・宮本・溝口法律事務所が有します