中島・宮本・溝口法律事務所
お問合せプライバシーポリシー
NAKASHIMA MIYAMOTO ATOORNEYS AT LAW
CONTENTS
エッセイ
一覧バックナンバー
diatribe 竹下博將
Scum

 平成27年2月18日、夫婦別姓訴訟の上告事件が最高裁大法廷(裁判官15人全員)で審理されることに。思わず小躍りした(同日、再婚禁止期間訴訟も大法廷へ!)。
 夫婦別姓訴訟は、初めて、そして唯一、弁護団に参加する憲法訴訟。とても嬉しいが、何よりもまず驚いた。憲法を勉強する過程で、最高裁に対する期待度は下がっていたし、国家賠償請求訴訟においては、憲法判断がされること自体、ハードルが高いからだ。
 きっと、最高裁としても、議論が停滞し、憲法の価値が実現されない社会を憂えているにちがいない。そう思いたい(知性のない言動にはうんざりだ。)。
 最高裁の判決には各裁判官の意見が示される(裁判所法11条)。多数意見も少数意見も明らかにされるので、違憲であると考える理由も、違憲ではないと考える理由も、夫婦同氏強制・再婚禁止を支えるような社会的事実の有無・内容も、それなりに明らかにされるかもしれない。明らかにしてもらいたい。議論の進展を期待したい。

 と、希望を抱いたところで、そろそろ瀬木比呂志『ニッポンの裁判』を読んでみよう。帯には「唖然、呆然、戦慄、驚愕 日本の裁判は本当に中世並みだった!」とあるが。

 “Scum”はGrindcore / Death MetalのNapalm Deathの1st(1987年)。28曲33分で一気に聴けるのでオススメ。
 Title trackはheavy & slowとaggressive & fastを行き来してモッシュ必至の名曲。‘Scum’とコールされただけで興奮。
 去年11月の東名阪liveは、多忙のため、断腸の思いで名阪を断念。
(2015.2.27)
バックナンバー
ページの先頭へ
事務所案内
取扱分野
法律相談・報酬
弁護士紹介
著作のご案内
エッセイ
採用情報
企業と法律〜論文〜新世代のリーガルマネジメント
知的財産権
eビジネスの法律問題
企業倒産
ゴルフ場の法律問題
労働
HOME
このページに関するすべての権利は中島・宮本・溝口法律事務所が有します