中島・宮本・溝口法律事務所
お問合せプライバシーポリシー
NAKASHIMA MIYAMOTO ATOORNEYS AT LAW
CONTENTS
ゴルフ場の法律問題
一覧 ゴルフ会員権を巡る人々 ゴルフ場問題Q&A
ゴルフ場問題Q&A
「ゴルフ会員権法律相談」ゴルフワールド
弁護士 宮本 督
Q21 コースでの打球事故
 当ゴルフ場で、キャディの了承を得て打ったボールが前のパーティのプレーヤーに当たってしまい、キャディと当ゴルフ場が損害賠償の請求をされています。当ゴルフ場にも責任はあるのでしょうか?
A
 ゴルフ場での事故に際し、キャディとゴルフ場経営会社の責任が問われた訴訟において、裁判所は、「キャディは、競技者からキャディフィーを受領して競技者を援助するとともに、コースの状況等を熟知しているので、ゴルフ場の従業員として競技者に危険が生ずるおそれがある場合には、これを未然に防止し競技者の安全を保持すべき注意義務がある。」としています(大阪地方裁判所平成12年10月26日判決)。
 事案の詳細がよくわかりませんが、キャディは、「打ってよい」等と言ったとき、プレーヤーの使用するクラブと前のパーティとの距離を判っていたと思われますので、責任を免れることは難しいでしょう。また、少なくともキャディがゴルフ場の従業員である場合には、ゴルフ場にも責任があるとされます。なお、打球を当ててしまったプレーヤーも責任を負うとされる場合が多いと思われますが、被害者との関係では、キャディもゴルフ場経営会社も被害について全額の賠償責任を負うのが原則です
 ゴルフ場としては、このような事故のないように、いたずらにプレーを急がせることのないよう、キャディを指導することが必要になるでしょう。
Q&A一覧 一覧
ページの先頭へ
事務所案内
取扱分野
法律相談・報酬
弁護士紹介
著作のご案内
エッセイ
採用情報
企業と法律〜論文〜新世代のリーガルマネジメント
知的財産権
eビジネスの法律問題
企業倒産
ゴルフ場の法律問題
労働
HOME
このページに関するすべての権利は中島・宮本・溝口法律事務所が有します