中島・宮本・溝口法律事務所
お問合せプライバシーポリシー
NAKASHIMA MIYAMOTO ATOORNEYS AT LAW
CONTENTS
労働
一覧 改正労基法・労働者派遣法の内容と影響度を探る
派遣労働者活用の勧め 続発する労使紛争と企業の対策
続発する労使紛争と企業の対策
近代中小企業 02.7
弁護士 宮本 督
個別労使紛争と民事訴訟
 個別労使紛争に最終的な決着をつけるのは、民事訴訟、いわゆる裁判です。
 言い分の異なる当事者の主張を戦わせ、和解によって解決できない場合、最終的には、中立な立場にある裁判所が判決の言い渡しをします。その判断には強制執行も可能な強制力が伴い、また、一度判断されたことについては蒸し返しが許されないという効力があります。
 しかし、民事訴訟には、少なくない時間とコストがかかります。特に、小規模事業者や労働者にとっては、裁判にかかる負担も相対的に重いものとなってしまいます。そのため、利用が回避されることも多く、反面、なるべくならば訴訟を回避したいという動機から、訴訟前に和解が成立するということも珍しくないという、紛争解決制度であるにもかかわらず、逆説的な事態も生じてしまっています。
BACK 目次 NEXT
一覧
ページの先頭へ
事務所案内
取扱分野
法律相談・報酬
弁護士紹介
著作のご案内
エッセイ
採用情報
企業と法律〜論文〜新世代のリーガルマネジメント
知的財産権
eビジネスの法律問題
企業倒産
ゴルフ場の法律問題
労働
HOME
このページに関するすべての権利は中島・宮本・溝口法律事務所が有します