中島・宮本・溝口法律事務所
お問合せプライバシーポリシー
NAKASHIMA MIYAMOTO ATOORNEYS AT LAW
CONTENTS
eビジネスの法律問題
一覧経営再建をあきらめる前に東京でスタートした新倒産手続
企業のための民事再生の法律相談
企業のための民事再生の法律相談
弁護士 宮本 督
1.民事再生手続とは何か
(1) 民事再生とはどのような手続か
 民事再生法は、中小企業向けの再建型倒産手続として、平成11年12月に交付され、平成12年4月1日から施行されています。倒産手続には、大きく、清算型の手続と、再建型の手続があります。このうち、清算型の手続では、倒産企業は解体され消滅するのに対し、再建型の手続では、企業は、負債のカットを受けて生き残ることになります。
 民事再生手続では、原則として、債務者自身(従来の経営陣)が引き続き事業を継続しながら、主体的に債権者に対する弁済計画やリストラの方法を定めた倒産処理計画案(これを「再生計画案」といいます。)を作成し、債権者の多数決による承認を得て、承認された計画に従って再建を図ることになり、特に中小企業の経営者にとって使いやすい制度であるといえます。
目次 NEXT
一覧
ページの先頭へ
事務所案内
取扱分野
法律相談・報酬
弁護士紹介
著作のご案内
エッセイ
採用情報
企業と法律〜論文〜新世代のリーガルマネジメント
知的財産権
eビジネスの法律問題
企業倒産
ゴルフ場の法律問題
労働
HOME
このページに関するすべての権利は中島・宮本・溝口法律事務所が有します