中島・宮本・溝口法律事務所
お問合せプライバシーポリシー
NAKASHIMA MIYAMOTO ATOORNEYS AT LAW
CONTENTS
エッセイ
一覧 最新 バックナンバー
to be a Rock and not to Roll 宮本 督
天国への階段
 ベトナム戦争の最中、沖縄の米軍基地から前線に向けて飛び立つ若い兵士達が、出発前、ジュ−クボックスでLed Zeppelinの「天国への階段」をかけていたという。
 きらきらと輝くものはすべて黄金と信じる女性。彼女が手に入れようとしているのは、天国への階段。西に目を向け、立ち去ることを悔いて泣く魂。木々の向こうに浮かぶ煙の輪。それをじっと見守る人々の声。魂より高い影。笛吹の呼びかけ。ささやく風に横たわる天国への階段。
 ケルト文学の影響を指摘されるロバート・プラントの詩。その歌にからみつく、ジミー・ペイジのギター。
 昨年、白川道の小説「天国への階段」を書店で見かけ、即座に上下巻ともに購入してしまった。そして、性懲りなく、テレビドラマ「天国への階段」の第1回目も見てみた。歌の解釈はご自由だろうが、それにしたってねぇ。カラヤンも絶賛したというこのロックナンバーの解釈はいろいろあるが、ドラマで繰り返し流される度に、大切なものに泥をかけられるような気になるのは、私だけなのか。
 地獄へと旅立つ若い米兵達が受け止めたLed Zeppelinのメッセージ。揺るぎない岩のような信念。ただ生き抜くため、それだけのために。
 じっと耳を澄ませば、あの調べが聞こえてくる。帰り道は二つに分かれている。でも長い目で見れば、まだ自分の歩むこの道を変えることもできる。白光を放つ女性は、礎となるために、そして揺らぐことのないように(to be a Rock and not to Roll)、天国への階段を手に入れようとしている。…多分、今、このときも。
(2002.4.16)
最新 バックナンバー
ページの先頭へ
事務所案内
取扱分野
法律相談・報酬
弁護士紹介
著作のご案内
エッセイ
採用情報
企業と法律〜論文〜新世代のリーガルマネジメント
知的財産権
eビジネスの法律問題
企業倒産
ゴルフ場の法律問題
労働
HOME
このページに関するすべての権利は中島・宮本・溝口法律事務所が有します