中島・宮本・溝口法律事務所
お問合せプライバシーポリシー
NAKASHIMA MIYAMOTO ATOORNEYS AT LAW
CONTENTS
エッセイ
一覧最新バックナンバー
to be a Rock and not to Roll 宮本 督
それでもボクはやってない
 いつのことだったか、滅多に見ないテレビを見ていたら、弁護士が4人出演して、痴漢に間違えられて取り押さえられたらどう対処すべきか?という問題に回答していた。4人のうちの1人は、いわゆる「ヤメ検」って言って検察官あがりの弁護士さんだったから、まあ要するに聴く価値がないので無視すると、残る3人のうち2人の意見は、「走って逃げる」だった。
  驚くかも知れないけど、って一応、驚いて欲しいんだけど、残念ながら、これは正解だ。圧倒的に正しい。ただね、一応、司法に携わる専門家で、裁判のプロ(私もそうなのね。念のため。)が、このような答を出さざるを得ないというところに、この国の刑事司法の圧倒的な腐敗っぷりを読みとって欲しい。ちなみに、もう1人の回答は「裁判で争う」。残念。不正解。
  「それでもボクはやってない」って映画があって、見た人も多いと思うけど、まあそれはそれは大変にリアルな映画なわけで、というか、弁護士をやってると、日本ものの法廷ドラマって、笑いが採りたいとしか思えないメチャクチャなのばっかりなもので、違和感のない裁判モノというのを見たのは初めて。
 主人公のフリーターは、満員電車から降りたとたん中学生の女の子に手首をつかまれる。駅員室に連れて行かれた彼は、覚えのない痴漢を頑強に否定。すると警察に連行されて留置される。強圧的な取り調べを受け、面会した当番弁護士からは、罪を認めたほうが得策と諭される。フリーター君は、それでもやってないと頑張って、裁判が続いていくと。その結末は映画を見て頂くこととして、この映画は虚構でも冗談でも何でもない。この国の刑事司法は、この映画のとおりで、ホント出鱈目でどうしようもないんだ。
 まず、「人質司法」って言うんだけど、犯罪を認めない限り、逮捕・勾留はずーっと続く。「認めちゃえば早く出られる。」とか言われて、実際、痴漢なんて自白しちゃえば、長くても1泊2日程度(多くはお泊まりはなし)で済むけど、否認して頑張ると、最低23日間。その後起訴されると、少なくとも数ヶ月は牢屋の中だ。普通のサラリーマンだったら、間違いなくクビになるだろう。それだけじゃなくて、痴漢で逮捕されたとか、マスコミは警察発表を垂れ流すだけだから(「○○容疑者は、容疑を否認している。」って書いてくれるけどね。あー有り難いね。)、家族とかもいたたまれない。間違いなく社会的には抹殺される。最初から認めちゃえば、有名人とか公務員とか弁護士とか、マスコミの餌食になるような職業じゃない限り、報道されることもないし、会社に知られることもない。刑事訴訟法の解説なんて、虚しくなるだけなので書かないけど、一応、法律では、起訴された後は、勾留されない(保釈される)ことが原則で被告人の権利と決まってるんだけど、裁判官は、そんな法律なんてどこ吹く風だから、もうどうしようもない。
 それから、「誰でも有罪と証明されるまでは無罪と推定される」っていうのが、一応、世界中の刑事法では、大大大大大原則とされているんだけど、こんなの(推定無罪っていうのね、一応)は、この国ではまったく形骸化してる、というか存在してない。なんせ有罪率は99.9%だ。友人の検察官は、転勤先で、どう考えても無罪になるだろうと思われる事件を担当させられて、前任者は何でこんなの起訴したんだろう、控訴するのかの審議の準備とかめんどくせーなーと思っていたら、それでも有罪判決が出て、言い渡しの時は耳を疑ったよ、馬鹿じゃないかと思った、弁護士さんすげー怒ってたけど当ったり前だよねぇ、と笑ってた。この国の刑事裁判官ほど楽な仕事はない。検察官の言うとおり判決を書けばいいんだから。右のものを左に書き写すだけだ。大学を出た人間がやるような仕事じゃない。特に東京高等裁判所がメチャクチャで、世界史上で最悪に最強で最低の裁判所と言われている。歴史上のどんな軍事政権下の裁判所より“強い”。とにかくクソもミソも何でも有罪。あれも有罪。これも有罪。みんな有罪。どーでも有罪。絶対に有罪。一審で無罪になったのは、必ずひっくり返す。一審の有罪は当然にそのまんま。そんなわけで、東京高裁だけじゃなく、刑事の裁判官は、「法務省(検察庁)の出先機関」とか揶揄されてるけど、むしろ検察官の方がずっとずっとマシで、最近じゃ、「悪魔の手先」かと思うようになった。だって、多くの検察官だったら無罪の可能性を考えて起訴しないような事件でも、間違って起訴されちゃったら、絶対に、まあ正確には99.9%だけど、有罪にしちゃうんだもん。裁判員制度が始まるらしいけど、さて、どうなることやら。
 というわけで、痴漢と間違えられたら、とにかく逃げるのが正しい。次の日から同じ時間に同じ電車に乗ったりしたら、パクられるかも知れないから、引っ越して通勤経路も変えることだ。そして、残念ながら、逃げ切れずに逮捕されちゃったら、やってもやっていなくても関係ない。認めて謝ってしまうのが正しい。無罪を主張するのって、そのことだけで犠牲が大きすぎるし、そもそも莫大なエネルギーを費やしても、あなたが無罪になる確率は0.1%だ。
 とても悲しいことだけど、この野蛮な国で生き伸びるための処方箋として覚えておいて損はないと思うよ。
(2009.2.23)
最新バックナンバー
ページの先頭へ
事務所案内
取扱分野
法律相談・報酬
弁護士紹介
著作のご案内
エッセイ
採用情報
企業と法律〜論文〜新世代のリーガルマネジメント
知的財産権
eビジネスの法律問題
企業倒産
ゴルフ場の法律問題
労働
HOME
このページに関するすべての権利は中島・宮本・溝口法律事務所が有します